EFOS E1 IQOS 比較

はじめましてアラサーの喫煙歴15年、管理人のりょうといいます。
半年ほど前からIQOSだけを吸う喫煙ライフを過ごしています。

といってもIQOSの、連続吸いができないところから細々と不満はありました。

 

他に良いものがあれば乗り換えも考えてみようかな思っている今日このごろ。

 

喫煙している友人とそんな話を話しをしていた時に紹介されたのがEFOS E1。
IQOSの不満点を解消できるかもよ!ということで実際に試させてもらいました。

 

個人的には結構良いと思ったので、こちらのブログでは実際にEFOS E1を吸って感じた感想、IQOSとの比較してどうなのか?という部分を紹介したいと思います。

 

試した結果、どういった人にEFOS E1がおすすめか?というのを書いておきたいと思います。

 

  • 連続吸いしたいならEFOS E1
  • ゲレンデや寒い場所で吸うのが多いならEFOS
  • タバコのしっかりとした味を感じたいならIQOS

 

あくまでも私がどちらも吸ってみての感想なので、絶対とは言いません。
しかし、私が実際にEFOS E1を試してみての感想です。

これを見てEFOSを買ってみたいという方は以下のボタンから公式サイトへ行きますので、購入してみてください。
本体代もIQOSの10,980円よりも安い8,980円(税込)になってます。

※今なら購入者全員にQuoカード300円もらえます。

 

以下では上のような結論になったかについて解説してみたいと思います。

連続吸いしたいならEFOS E1

EFOS E1の一番のメリットが連続して吸えるところです。
しかも2本とかではなくて、最大で5本連続で吸えるのでチェーンスモーカーにも対応できるのが良いところ。

 

連続して吸えなくて残念

 

これはIQOSを吸っている人なら誰もが困ったことがあるかと思います。
1本終わるたびに4分間、充電が終わるまで待つ必要があるのがやっぱり辛いところ。

 

一人で吸っている分はそれでも問題を感じることはあまりありません。

しかし、喫煙所でIQOSを使っていない人と話していて、相手は連続して吸っているのに自分が吸えない時にもどかしさを感じてました。
やっと充電が終わって次のを吸おうと思ったら、相手が終わって喫煙所を出るタイミングになる。。。

そんなことが起きてしまったことが多々あります。

 

かといってそういった時の為にIQOSを2個持ち、3個持ちまでするのは荷物も増えるし、手間が大変です。

 

そういったことが一切なく5本まで吸えてしまうのがEFOS E1です。
公式サイトの内容を見てみましょう。

IQOS 連続吸い

5本連続のチェーンスモークを可能に

 

これが明記されています。
5本も連続して吸う人はそこまで多くないはず。

吸いたい時に吸えないことが無いのはEFOS E1の良いところの1つです。

 

さらにもう一つEFOS E1がタバコユーザーに取って良いところが、タバコ1本で吸える回数です。
実際に吸える回数の比較はこちら。

IQOS14回
EFOS E120回

たまにですが、IQOSを吸っていて、吸い足りないと感じたことがある人もいるかと思います。
実際にたまに私もそう思います。

今まで14回しか吸えなかったのが、EFOS E1で吸うだけで20回になるのはタバコ自体のコスパ的にもかなり嬉しいポイントの1つです。

 

  • 5本まで連続吸いができる
  • 1本あたり20回(IQOSは14回)吸えるのでコスパが高くなる

この2つの理由から私は連続吸いしたいという人にはEFOS E1がおすすめできると思いました。

 

ゲレンデや寒い場所で吸うのが多いならEFOS E1

ゲレンデや気温の低い場所で吸う場合もEFOS E1がおすすめです。
理由はEFOS E1が寒さに強いように作られているから。

 

公式サイトの内容を見てみましょう。

↓  ↓  ↓

IQOS 温度

 

-15℃〜50℃の環境にも耐えうる頑丈な本体を用意しました

 

このように書かれています。
そんな普段はあまりないんですが、私は実際にそれで困ったことがありました。

 

スノーボードが趣味でよく行くのですが、タバコも吸うのでIQOSをゲレンデに持っていってます。
そして、休憩のタイミングで吸うのですが、そんな時に吸えないことがある!!

実際にゲレンデで吸おうと思った時の画像があるので見てください。

IQOS ゲレンデ

 

赤ランプがついて、吸えなくなっているんです。。。

同じボード仲間に聞いても同じようになっていて、解決方法としてカイロを持っていくと良いと聞いていました。
ちゃんとカイロと一緒に持っていても同様に赤ランプがついてIQOSが吸えなくなってしまいました。

 

どうやらこれは気温が低くなることでバッテリーの電圧が下がり、ちゃんとIQOSに電気が流れないことが理由で起きているとのことでした。

 

EFOS E1を実際にゲレンデで使ったことはないので、正確な情報は言えません。
しかし、わざわざ公式サイトに-15℃まで対応と書かれていることを考えればゲレンデなどでもしっかり使えることが予想できます。

特にスノーシーズンをしっかり楽しみたい!というなら、タバコでのストレスも減らしたいところ。
スノーシーズンでの快適なタバコライフの為にEFOS E1を買うというのも1つの選択肢として有りだと思いました。

タバコのしっかりとした味を感じたいならIQOS

個人的な主観は入りますが、味に関してはIQOSの方が上でした。
EFOS E1で吸ったほうがまずいという訳ではなく、あくまでも主観です。

 

IQOSの場合はしっかりとしたタバコの味、吸った時の喉にくる感覚(キック感)は強かったです。
EFOS E1で吸うと、香りとキック感が少なく感じられました。

 

EFOS E1の感覚を言うとglo(グロー)を吸った時と同じ。
おそらく加熱方式が違うところが原因でこの違いは生まれているかと思われます。

まずIQOSの場合。

iqos 加熱方式

 

上記の画像の用に、真ん中にブレードと呼ばれる加熱システム?があります。
それが熱くなって、タバコ葉を直接加熱することで吸うようになっています。

 

それに対してEFOS E1では。

EFOS E1 加熱方式

 

画像ではわかりくいかもしれませんが、真ん中にブレードはありません。
タバコが入る場所の周りが加熱されて、タバコ葉全体を加熱するようになっていました。

加熱方式が違うので、味も変わるので味に関しては好みが別れるかと思います。

 

私が吸ってみての感想は上でも書いていたように、タバコの味のしっかりさ、吸った時のキック感はIQOSの方が好みだったので、しっかりした味と吸い心地を求めるならIQOSをおすすめします。

EFOS E1とIQOSの比較!実際に使ってみての感想 まとめ

最後に改めてどういった人にどちらがおすすめか?を再度書いておきます。

 

  • 連続吸いしたいならEFOS E1
  • ゲレンデや寒い場所で吸うのが多いならEFOS
  • タバコのしっかりとした味を感じたいならIQOS

 

といってもどちらも十分良い製品だと思いますし、IQOSの互換品としてもEFOS E1はしっかりとできていると思いました。
全然どちらを選んでも個人的には失敗はないと思えます。

IQOSを持っていても、持っていなかったとしてもEFOS E1は十分使えるアイテムだと思います。

 

本体代もIQOSの10,980円よりも安い8,980円(税込)
IQOSを2代持ちするよりも安いのも魅力的なポイントです。

 

もしEFOS E1を試してみようと思ったなら、以下に公式サイトへ行けるボタンをおいておきますので、購入してみてください。

 

※今なら購入者全員にQuoカード300円もらえます。