EFOS E1ってなに?

 

こちらのページではそもそも「EFOS E1」ってなにができる機械なのか?ということを簡単にまとめてみたいと思います。

 

 

IQOS専用のタバコ(ヒートスティック)を吸える機械

 

 

一言で表すとこのようになります。
以下では具体的にどういったことなのか解説していきたいと思います。

IQOS専用のタバコ(ヒートスティック)を吸えるってどういうこと?

まずヒートスティックとはなにか?というのをご紹介。

↓  ↓  ↓

IQOS ヒートスティック

 

IQOSを吸っている人ならわかるかとは思います。
しかし、吸ったことがない人に説明すると、これはIQOS専用に作られたタバコとなってます。

 

IQOS専用のタバコなのでIQOS以外では吸えないのですが、EFOS E1ではIQOS専用ヒートスティックが吸えるようになっています。
というよりも、IQOSヒートスティック専用に作られていると考えて問題ないです。

 

EFOS E1がIQOS専用に作られているとしたら、IQOSとの違いはなんなのでしょうか?
次にEFOS E1とIQOSの違いを見てみたいと思います。

EFOS E1とIQOSとの違いは?

EFOS E1とIQOSの違いは大きく2つあります。

 

  1. 吸い方
  2. 連続して吸うことができる

吸い方

EFOSとIQOSでは吸い方が変わります。
具体的にわかりやすいように画像で見てみます。

EFOS E1 吸い方

 

IQOSではバッテリーから取り出した、本体にヒートスティックを刺すのに対して、EFOSはgloと同じように本体兼バッテリーに直接挿しながら吸う形になります。

 

この吸い方のメリットとして充電の必要がないところや、吸うためにする動作が少なくなるというところがあります。
それに対して本体が重くなるので吸っている時に少し重たいというデメリットがあります。

連続して吸うことができる

EFOS E1とIQOSの一番の違いが連続して吸える点です。
これがIQOSではなく、EFOS E1を選ぶ一番の理由としてあげられるかもしれません。

 

IQOSの場合1本吸うたびに充電する必要があり、IQOSは次のタバコを吸うまでに4分間あける必要があります
それに対してEFOS E1では連続して5本まで吸えるのが一番比較しやすいポイントです。

普通のタバコを吸う友人が連続して吸っているのに自分だけは充電待ちで吸えないということがなくなり、自分の好きなタイミングで吸えるのはEFOS E1の良いところだと思います。

 

わざわざ連続吸いできないからIQOSを2台、3台持ちしている人もいますが、EFOS E1が1台あれば十分です。

EFOS E1とは?まとめ

最後に改めて書いてきた内容をまとめると以下の3点になります。

  1. EFOS E1はIQOS専用のタバコ(ヒートスティック)を吸える
  2. 吸い方がgloのようにバッテリーと本体一体型になっている
  3. 連続して5本まで吸うことができる

 

これがEFOS E1についての簡単な説明になります。

価格は8,980円とIQOSの10,980円よりも安くなっていますので、あえてIQOSを購入せずにEFOS E1を買うという選択もありかと思います。
動作不良に対しても3ヶ月間の保証がついているので、安心。

もしEFOS E1が良いかも?と思ったら、以下に公式サイトへ行けるボタンをおいておくので、そちらから公式サイトをのぞいてみてください。

↓  ↓  ↓